貸付に必要なステータス不足

カードローンに申し込みをする際に、必要なステータス不足のため審査に落とされてしまう方も多くなってきているのです。条件はその金融会社により異なってくるものですから、事前確認が必須となります。多くの場所では20歳以上で安定した収入のある方となっていますが、それは裁定条件でありさらに細かく条件を設定している場所もあるのです。消費者金融も銀行の場合も、上記の条件だけではなく借入をどのくらいしているのか、返済はどうなっているのかという事も重視しています。近年で増えているのは、勤続年数が短くて審査に通れなかった、という方々なのです。勤続年数は最低でも1年なければ、申し込んでも落とされてしまう場合が高いため出来れば1年以上は欲しいところ。ちなみに、この基準はクレジットカードでも同様なので覚えておいてほしい点です。


審査基準はクレジットカードも一緒?

基本的に条件は似たようなものなので、しっかりステータスを満たしている方であれば問題なく審査に無事通れるでしょう。近年では、専業主婦でもカードローンが利用出来ますし、クレジットカードも利用できるようになっているため、大変便利になってきています。ですから、専業主婦の方でクレジットカードの審査に落ちてしまった方は、ACマスターカードや銀行カードローンのお申し込みをお勧め致します!(→クレジットカード審査に通らない方向けの情報サイト)銀行でしたら、旦那さんの収入で審査をしてもらうことが出来ますから助かります。しかし、注意してほしいのは旦那さんに遅延や延滞の過去がある場合なのです。その場合、やや不利になってしまう可能性がありますので、ご注意ください。もう一つ気を付けていただきたいのは、オリックス銀行カードローンで、こちらだけは年収200万円以上の方に限られておりますので、学生やアルバイトの方は申し込みが出来ません。 実は一緒

一つずつ確認していこう!

一番確かなのは、利用したい場所を見つけてその場所の条件について細かく調べていき、自分が条件を満たしているのかどうか確認することです。少々時間がかかるかもしれませんが、申し込みをして審査に落とされてしまうよりはずっと良いのではないかと思うのです。落とされたとなれば、その情報が信用情報に登録されてしまいますから、事前に出来ることはしておくのが良いのです。これはカードローンだけではなく、クレジットカードにも言えることですので皆さんも事前確認を怠らぬようお願い致します。もし何か疑問がある際には、そちらの会社へ連絡をして確認すると言う方法もあります。