クレジットカードの持ちすぎ

カードをたくさん持っている方の場合は、申し込みをしても審査に通りにくくなる場合が多いです。あまりにもクレジットカードを持ちすぎてしまっていると、この人は本当に返済が出来るのだろうか?と判断をされてしまうのです。どうして何枚も持っていることが知られているのか、それは信用機関に問い合わせをして確認しているからなのです。いつどこに申し込みをして審査をしてもらったのか、いつにいくら借入をして返済はどうなっているのかという事までバッチリ登録されているのです。ちなみに、クレジットカードをいつ何に使ったのかという事も記録されているので、計画的に利用をして返済していくことが重要なのです!また、不必要なクレジットは解約をして破棄することをお勧め致します。新しいカードを発行したいと考えている方は、今手元にあるカードを少し整理するなどして決めるのが良いですよ。


クレジットカードとカードローン

クレジットの審査に通れなかった方々には、カードローンがオススメです。全く別物じゃん!と思っている方が多いかもしれませんが、クレジットのキャッシング機能と同じなのです。クレジットカードとカードローンの大きな違いは、現金の代わりになるか現金を手にすることが出来るのか、という事くらいで申し込み方法や返済方法については似ているので、もし、クレジットの審査に落ちてしまった方は、ACマスターカードに頼ってみるのはいかがでしょうか?カード会社に落とされてしまっても、ACマスターカードの方でしたら通ることが出来るかもしれません!(→クレジットカード審査に通らない方向けの情報サイト)クレジットの申し込みで落とされてしまって、他社に申し込みをたくさんしてしまうと今度は申し込みブラックになってしまいますから、注意が必要です。申し込みブラックとは、短期間のうちに4社以上に申し込みをしてしまう事で、余程お金に困っていると印象付けてしまう為、ブラックリストに登録されてしまいます。 カードローンでもOK

最低でも2枚にしておく

クレジットはあまり持ちすぎない方が、審査に通りやすくなって良いので不必要なカードは破棄してしまうようにしましょう。今現在使用しているクレジットカードだけを残しておいて、使っていないカードは電話連絡を入れてご解約を。一枚はメインに利用するカード、二枚目はサブで使うカードというふうに2枚にしておくことをお勧め致します。こちらの方が、盗難や紛失などの時に安全です。カードローンもクレジットのようにお金を借りることが出来るので、この二つを使い分けると言う方が賢いのかもしれません。

信用情報に事故記録