クレジットカードの審査は何を見ているの?

クレジットカードが手元に届く前には必ず審査があります。
これに申し込こみ、そして実際に会社が良いという判断を下さなければ、クレジットカードを手にすることはできません。
もし審査に通らない、という人もその原因をもう一度考えてみましょう。
過去にトラブルは無かったですか? 書類に不備は?


信用機関の情報をもとにクレジットカードが発行される

クレジットカード会社が決めている基準値というものがあります。
これはスコアリングと呼ばれ、申し込み者の社会的な安定度、年収や、過去の金融事故の記録等、が加算されていき、結果的に基準に満たない、基準を下回っているような人はカードを手にすることはできません。(→貸付に必要なステータス不足
一定期間が過ぎればこの記録は消えてしまうと言われていますから、どうしても欲しいという人は待つのも一つの手です。


クレジットは信用の商売

クレジットは「信用」という意味ですから、その通り申込者の信用を見られます。
過去の問題、年収、勤続年数など、信用に足る人物なのかどうか、会社の基準にのっとってチェックされるのです。これが審査です。
自分に審査を通るほどの信用が無いのではないかと考えている人は、もう一度カードの種類などを検討しなおすのが良いもかもしれません。