クレジットカードを選ぶ時に

クレジットカードをどうやって選びますか?
ポイント還元率? 年会費? マイル還元率? それとも、カードフェイスでしょうか。
どんな基準で、どのカードを選ぶのかは重要なポイントです。しっかりと、自分が持つのにふさわしい、後悔しない選択をすることが大切です。
疲れた…。そんな時にカードの存在が助けになるような、そんな存在として置いておくことが大切です。
カードによってあなたはどんな人生を送ることになるのか。あなたが起こす選択によってそれは大きく変わります。このカードが無かったらこんなものは買わなかった。こんなところには来なかった…。そんなことは多いでしょう。
カードを選ぶと言う事。そしてカードによってその後の行動に影響を及ぼすということ。
クレジットカードがあなたの人生に与える影響は大きいです。


クレジットカード、その審査

誰でもクレジットカードを持てるというわけではありません。
クレジットカードにはそれぞれ性能があり、その性能に応じて年会費も高くなっていき、審査基準も難しくなっていきます。例えばアメリカンエキスプレスカード。高級なカードの代名詞ともいえるこのカードは、年会費も高く設定されており、その分旅行で使える特典が多数取り揃えられています。
そしてその分審査基準は難しくなっており、審査に通らない人も多く存在します。
反対に、年会費が永年無料に設定されているカードなら生活に密着したカードとして、広い利用者に使ってもらえるように優しい審査基準が設定されていることがあります。学生、主婦だったとしても、問題なくカードを持つことができる場合が多いので、社会人以外の人に使いやすい設定になっていることが多いです。


自分と他人を比較しない

自分じゃなくて、なんであの人が。
そんなことで思い悩む必要はありません。わたしの好きな歌にこんな歌詞があります。
「自分が自分であることを誇る」ということ。自分は自分で、あの人はあの人。自分と他人の線引きをきちんとしておくこと。
自分はこう動くし、あの人はこう動くのだということ。そこは分けて考えておくことが大切です。
「お前は俺と違うのかよ」と思ってしまいがちですが、そこで自分と他人が違うのは当たり前。他人の動きは自分とは関係の無いことです。
それは何に関しても同じことです。クレジットカードのことでも同じこと。自分より他人の持っているクレジットカードがより良いカードだったとしても必要以上に気にしないことが大切です。